台風14号2020たまごチャンホン進路予想!米軍の最新情報など

ニュース

2020年10月4日、台風14号のたまご(チャンホン/Chan-hom)が発生しています。

一部予想では正式に台風へと発達した台風14号のたまごチャンホン/Chan-homは、一旦九州方面へと向かうと方向を変え、太平洋沖に向かって北東方面へ直進するようです。

当記事では「台風14号2020たまごチャンホン進路予想!米軍の最新情報など」と題して

  • 台風14号2020たまごチャンホン/Chan-hom進路予想・米軍の最新情報
  • 台風14号2020たまごチャンホン/Chan-hom進路予想・ヨーロッパの最新情報
  • 台風14号2020たまごチャンホン/Chan-hom進路予想・Windyの最新情報
  • 台風14号2020たまごチャンホン/Chan-hom進路予想・気象庁の最新情報
  • 台風14号2020たまごチャンホン/Chan-homの名前由来・名前の付け方

についてまとめています。

台風14号2020たまごチャンホン/Chan-hom・米軍の進路予想

2020年10月5日、米軍合同台風警報センター(JTWC)では、台風14号のたまご・チャンホン/Chan-homは正式に台風へと発達し、10月9日に九州方面へ接近すると、10月10日には再び太平洋沖を目指して沿岸沿いを通過する予想となっています。

最新の米軍衛生進路図では、東海地方付近にある、赤い矢印が指すものが正式に台風となった台風14号チャンホン/Chan-homです。

ちなみにインドネシア付近にある赤い丸は、24時間以内に台風へと発達する熱帯低気圧です。

※日本時間2020年10月10日03時00分時点の進路予想図

米軍の進路予想図の見方

[LOW/黄色の円]24時間以内に台風に発達する可能性は低い
[MEDIUM/オレンジの円]台風に発達する可能性が高いが24時間以上かかる
[HIGH/赤色の円]24時間以内に台風に発達すると思われる
[赤色の矢印]台風になったことを示す

こちらの進路予想図では、九州方面へ接近したのち進路を変更し、再び太平洋沖へ向かい沿岸沿いを進む見込みとなっています。

予想通りであれば、太平洋側を中心に台風被害が起こるでしょう。

米軍合同台風警報センター(JTWC)は本来は米国の政府機関に向けて情報を発信していますが、一般の方でも利用可能です。

通常は6時間おきに情報を発表していて、ネット上では最も正確な台風進路予想サイトと言われています。

台風14号2020たまごチャンホン/Chan-hom・ヨーロッパの進路予想

2020年10月5日、ヨーロッパ中期予報センター(ECMWF)では、台風14号のたまごチャンホン/Chan-homが正式に台風へと発達し、10月8日から10月11日にかけて太平洋沖から沿岸沿いを大きくカーブを描いて移動する予想です。

以下、進路予想図を元に最新情報をお届けします。

10月9日~10月18日(2020年10月9日時点)

こちらの画像はヨーロッパ中期予報センター(ECMWF)の進路予想図をGIF動画に編集したものです。

画像は1枚につき1日分、10枚使用しているので10日分の予想をまとめています。

※2020年10月10日時点の進路予想図

こちらが最新の台風14号チャンホン/Chan-homの進路予想図ですが、前日と比べて南寄りに進路を変え、房総半島へは接近しないものとなるようです。

欧州中期予報センターは6時間ごと、10日分の台風進路予想図を確認することができます。

米軍合同台風警報センター(JTWC)ほど知名度はありませんが、こちらもかなりの精度です。

アニメーションで最新情報を確認することもできるので、図のみよりもわかりやすいとも言えます。

台風14号2020たまごチャンホン/Chan-hom・Windyの進路予想

2020年10月5日時点では、Windyでは10月5日に台風14号のたまごチャンホン/Chan-homが正式に台風へと発達し、10月8日から10月12日にかけて沿岸沿いを通過する予想です。

以下、Windyの動画になります。

左下の赤い再生ボタンまたはバーをクリックするとお好みの日付の最新情報を見ることができます。

Windyも欧州中期予報センター(ECMWF)と同様、10日先の進路予想を確認することができるウェブサイトです。

また、アプリとして、スマホでも最新情報を確認できるので、気になる方は以下より導入してみてください。

参考サイト

台風14号2020たまごチャンホン/Chan-hom進路予想・気象庁の最新情報

2020年10月8日、気象庁では10月5日に台風14号のたまごチャンホン/Chan-homが正式に台風へと発達。

10月9日9時に一旦九州方面へ接近すると向きを変え、再び太平洋沖へ向けて沿岸沿いを通過する予想でしたが、10月10日9時時点の予想では10月12日3時にはさらに南に進路を変えました。

気象庁の進路予想図では、予報円が小さくなり、台風14号チャンホン/Chan-homがどこを通過するのか定まってきました。

引用元:気象庁
引用元:気象庁

10月10日8時45分時点の気象庁の実況では、台風14号チャンホン/Chan-homは北東に向かって20km/h(10kt)の速度で進んでいます。

中心気圧は985hPa、最大瞬間風速40m/s(80kt)と前日よりやや勢力を弱めながら進んでおりますが、引き続き十分な注意が必要です。

参考サイト

台風14号2020たまごチャンホン/Sixteen・名前由来や付け方は?

現在、台風14号のたまごであるチャンホン。

その名前の由来はラオスの木の名前チャンホン(Chan-hom)から付けられました。

ウィキペディアによると、チャンホンは76番目に発生した台風のアジア名で、命名国はラオス、というわけなんです。

チャンホンという名前の台風は今までに

  • 平成15年台風第3号
  • 平成21年台風第2号
  • 平成27年台風第9号

という3つがありました。

(参考:https://ja.wikipedia.org/wiki/%E3%83%81%E3%83%A3%E3%83%B3%E3%83%9B%E3%83%B3)

なぜ台風のアジア名は使いまわしするのか?は気象庁のホームページに記載されており、以下のように書かれています。

なお、台風のアジア名は繰り返して使用されますが、大きな災害をもたらした台風などは、台風委員会の加盟国・地域からの要請を受けて、そのアジア名を以後の台風に使用しないように変更することがあります。また、発達した熱帯低気圧が東経180度より東の領域から、または東経100度より西の領域から北西太平洋域に進入してきた場合には、各領域を担当する気象機関によって既に付けられた名前を継続して使用します。

引用元:https://www.jma.go.jp/jma/kishou/know/typhoon/1-5.html

台風14号2020たまごチャンホン/Chan-homの関連記事はこちら

台風14号2020たまごチャンホン進路予想!米軍の最新情報などまとめ

以上「台風14号2020たまごチャンホン進路予想!米軍の最新情報など」でした。

2020年10月5日、台風14号のたまごチャンホン/Chan-homは正式に台風へと発達しました。

最新の予想では、太平洋側の関西方面から関東方面にかけて、大雨等の台風被害が予想されます。

なるべく最新の情報をお届けしていますが、参考リンクを確認いただく方が早い場合もあります。

自然災害には十分な注意と備えをしましょう!

最後までお読みいただきありがとうございました。

コメント

タイトルとURLをコピーしました