2020年台風13号進路予想|クジラ(たまご)の米軍・ヨーロッパ・Windy最新情報!

ニュース

台風13号(クジラ)のたまごが正式に台風へと発達しました。

当記事では「2020年台風13号進路予想|クジラ(たまご)の米軍・ヨーロッパ・Windy最新情報!」と題して

  • 台風13号(クジラ)米軍の最新進路予想情報
  • 台風13号(クジラ)ヨーロッパの最新進路予想情報
  • 台風13号(クジラ)Windyの最新進路予想情報

についてまとめました。

2020年台風13号(クジラ)進路予想|米軍の最新情報

9月27日、米軍合同台風警報センター(JTWC)では、台風13号のたまご(クジラ)となる熱帯低気圧が正式に台風に発達したと予想されました。

9月27日時点の画像ではまだはるか東の海上にいますが、今後の進路次第では影響もありそうです。

※米軍の衛生進路図を加工して使用しています。

米軍の進路予想図の見方

[LOW/黄色の円]24時間以内に台風に発達する可能性は低い
[MEDIUM/オレンジの円]台風に発達する可能性が高いが24時間以上かかる
[HIGH/赤色の円]24時間以内に台風に発達すると思われる
[赤色の矢印]台風になったことを示す

※米軍の衛生進路図を加工して使用しています。

こちらの進路予想図では日本列島の東を右方向へカーブして進むものとなってます。

9月27日時点の画像では、勢力も弱く、日本自体にはほとんど影響がないように見て取れます。

2020年台風13号(クジラ)進路予想|ヨーロッパの最新情報

ヨーロッパ中期予報センター(ECMWF)では台風13号(クジラ)が28日から30日にかけて日本のはるか東を通過する予想です。

以下の進路図を元に最新情報を予想していきます。

9月27日~10月6日の予想(9月27日時点)

※ヨーロッパ中期予報センターの進路予想図を加工して使用しています。

このGIF動画は1秒につき1日の画像を使用していて、計10日分の予想をまとめています。

動画にするとよりわかるのですが、台風13号(クジラ)が28日から30日にかけて太平洋沖を通過していく予想となっています。

等圧線も小さく、日本への影響はかなり少ないかもしれません。

2020年台風13号(クジラ)進路予想|Windyの最新情報

Windyは天気アプリとして優秀なツールで、10日先まで予想を見ることができます。

Windyでは9月29日頃に台風13号(クジラ)が本島に最も接近する予想となっています。

大型ではないものの、台風として渦を巻いていることは確認できます。

Windyの予想では9月29日から10月1日にかけて太平洋沖をより東へ向けてゆるくカーブして進むようです。

2020年台風13号進路予想|クジラ(たまご)の米軍・ヨーロッパ・Windy最新情報!まとめ

以上「2020年台風13号進路予想|クジラ(たまご)の米軍・ヨーロッパ・Windy最新情報!」でした。

9月27日現在、台風13号(クジラ)による影響はかなり少なそうです。

ただ、台風13号(クジラ)はたまごから台風になったばかりなので、今後の進路次第では大雨などの予報がされる可能性は高いです。

今後の台風13号(クジラ)の進路予想に注意しつつ、備えはしておきましょう。

また最新情報が入り次第お伝えします!

最後までお読みいただきありがとうございました。

コメント

タイトルとURLをコピーしました