台風12号進路予想最新情報!米軍・ヨーロッパ・Windyは?[2020/ドルフィン]

ニュース

台風12号(ドルフィン)が発生したことを気象庁は9月21日午後発表しました。

当記事では「台風12号進路予想最新情報!米軍・ヨーロッパ・Windyは?[2020/ドルフィン]」と題して

  • 台風12号2020(ドルフィン)米軍の最新進路予想情報
  • 台風12号2020(ドルフィン)ヨーロッパの最新進路予想情報
  • 台風12号2020(ドルフィン)Windyの最新進路予想情報

についてまとめました。

台風12号2020(ドルフィン)米軍の最新進路予想情報

9月21日、米軍合同台風警報センターでは、台風12号のたまご(ドルフィン)となる熱帯低気圧が正式に台風に発達したと予想されました。

9月22日時点の画像では台風の目は確認できませんが、まだ成長過程なので、油断はできません。

※米軍の衛生進路図を加工して使用しています。

米軍の進路予想図の見方

[LOW/黄色の円]24時間以内に台風に発達する可能性は低い
[MEDIUM/オレンジの円]台風に発達する可能性が高いが24時間以上かかる
[HIGH/赤色の円]24時間以内に台風に発達すると思われる
[赤色の矢印]台風になったことを示す

※米軍の衛生進路図を加工して使用しています。

こちらの進路予想図ではやや東寄りに進み、東海地方を中心に上陸すると、勢力を弱めながら東北地方へと北上するものとなっています。

9月22日時点の画像では、暴風域を含めると、本島をほとんど覆っています。

台風12号2020(ドルフィン)ヨーロッパの最新進路予想情報

ヨーロッパ中期予報センター(ECMWF)では9月23日から9月25日にかけて日本本島を通過する見込みです。

以下の進路図を元に最新情報を予想していきます。

ヨーロッパ中期予報センター(ECMWF)の最新進路予想

※ヨーロッパ中期予報センターの進路予想図を加工して使用しています。

9月22日~10月1日の予想(9月22日時点)

上記の動画は1枚に付き1日経過したものとなっており、計10日分の予想をまとめています。

こちらの予想でも勢力こ弱いものの、日本本島をほぼ通過する見込み。

暴風雨には注意が必要でしょう。

台風12号2020(ドルフィン)Windy(ウィンディー)の最新進路予想情報

Windyは天気アプリとして優秀なツールで、10日先まで予想を見ることができます。

Windyでは9月23日頃に台風12号(ドルフィン)が本島に最も接近する予想となっています。

大型ではないものの、台風として渦を巻いていることは確認できます。

Windyの予想では9月23日から9月25日にかけて東海地方を中心に日本海へ向けて北上するようです。

台風12号進路予想最新情報!米軍・ヨーロッパ・Windyは?[2020/ドルフィン]まとめ

以上「台風12号進路予想最新情報!米軍・ヨーロッパ・Windyは?[2020/ドルフィン]」でした。

2020年台風12号(ドルフィン)の進路は東海地方を中心に上陸し、東北地方へと北上する可能性が高まっています。

また、進路は東寄りではありますが、大阪も注意が必要でしょう。

大阪・名古屋・東京は交通機関が麻痺する可能性があります。

勢力自体は弱いものの、暴風雨もされるでしょう。

くれぐれも田んぼや用水路、河川等へは近づかないようにしてください!

最後までお読みいただきありがとうございました。

コメント

タイトルとURLをコピーしました