読書感想文のパクリはばれる理由3つ

夏休みの宿題の中で面倒なものの1つが読書感想文。

読書感想文なんてさっさと終わらせたい…。

そして可能ならパクリたい!

そう思う人も少なくはないと思います。

でも、読書感想文のパクリはばれるんです!

今回は読書感想文のパクリがばれる理由3つについてお話しします。

読書感想文のパクリはばれる理由3つ

普段のあなたの文章と違う

パクリがばれるのを恐れているということは、あなたは文章を書くことが苦手という前提でお話しします。

まず、国語の先生は夏休みに入るまでに何度もあなたの文章を見ています。

普段多くの生徒の文章を見ていながらも、ひとりひとりの文章の癖などはある程度気づいてるでしょう。

大まかだとしても文章を書くことが上手な生徒、苦手な生徒はわかると思います。

そんな中で文章を書くのが苦手なあなたが急に完成度の高い読書感想文を書いてきたら不自然です。

パクりたくなる読書感想文というのは、文章を書くのが上手な人が書いているもの。

文章を書くことが苦手な人が突然文章が上手くなるとは考えられないので、疑われるのは当然です。

文章の一部を検索して引用元がわかる

今どきはパソコンやスマホで文章の一部をググれば引用元がわかってしまうほど便利になっています。

先生も違和感を覚えたらすぐ検索するかもしれません。

一言一句丸写しすれば、確実に検索で引っかかるでしょう。

語順や語尾を入れ替えるなど、相当の工夫をすればバレないかもしれませんが、それをするくらいなら1から書いたほうが早いと思います。

先生が丸写しOKなサイトを把握している

先生があらかじめ丸写しOKなサイトを把握している可能性があれば、パッと見でバレます。

文章は一言一句読まなくても、なんとなく話の流れでつかめるもの。

特に若い先生ならパソコンの扱いにも慣れているでしょうから、見つかるのは時間の問題です。

読書感想文のパクリはばれる理由3つまとめ

以上、読書感想文のパクリはばれる理由3つまとめでした。

先生も嫌がらせのために宿題を出しているわけではありません。

読書感想文のパクリがないか調べるのも、パクリをした子を叱るのにもエネルギーを使います。

それでも、ズルをしてやり過ごす、そんな大人になってほしくないと思ってやるんです。

子供のうちは理解できないかもしれませんが、大人になれば絶対後悔します。

今一度、自力で読書感想文を完成させるよう、頑張ってみてください。

最後までお読みいただき、ありがとうございました。

コメント

タイトルとURLをコピーしました